×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JMHJapanese wide Music program History

今後の更新についてU(2006.12.24)

相変わらず、音楽とは無縁の世界でかなり忙しい生活を送っている管理人です。
ある目標に向かって頑張っていますが、なんとか30歳になるまでには見切りを付けようと思っています。

そこで、大変申し訳ないのですが、私が30歳を迎える年となる2010年ごろまで更新をお休みいたします。HPスペースは管理しておりますので、もしこのサーバーが廃止になるようでしたら移転のお知らせを出します。しかし、新たなコンテンツの拡充はしませんので、大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
なお、暦年の紅白の映像はすべて保存しておりますので、コンテンツ再開におそらく支障はありません。ご心配なく。

では、またお会いできる日まで。

おことわり
本ホームページには、去る1月23日に逮捕されたIT関連会社(元)社長、2月9日に喫煙行為で謹慎処分を受けたアップフロントエージェンシー所属のアイドルの実名が出ていますが、客観的資料として実名の掲載を継続させていただきますので、ご了承下さい。

今後の更新について
残念ながら管理人は多忙のため、今年度は(というかおそらく来年度も)紅白の詳細更新が大幅に遅れます。
とりあえず大学院の進級をしなければなりませんので、3月上旬のテストまでは詳細更新はできません。(ということで、詳細更新は3月中旬ごろになろうかと思います)
ただ、一応総論的な感想はこちらに掲載しました(1/3)。

第56回NHK紅白歌合戦視聴率(ビデオリサーチ調べ)(1/2)
関東地区では、前回よりUPしました。名古屋では3年ぶりに50%超え。しかし、北部九州、札幌地区では1・2部とも、広島は2部の視聴率が落ちました。

第56回NHK紅白歌合戦は、白組の勝利に終わりました。対戦成績は28勝28敗の五分に(12/31)。

第47回 輝く!日本レコード大賞発表!(12/31)
こちらのページでご確認下さい

第56回NHK紅白歌合戦曲目発表!(12/21)

紅  組 白  組
AI(24)
「Story」

初出場
アリス
「アリス プレミアム 2005」

5年ぶり2回目
(堀内孝雄(56)…18年連続18回目
谷村新司(57)…2年ぶり17回目
矢沢透(56)…5年ぶり2回目)
aiko
「スター」

柳井愛子(30)
3年連続4回目
五木ひろし(56)
「ふりむけば日本海」
35年連続35回目
石川さゆり(47)
「天城越え」
22年連続28回目
w-inds.
「十六夜の月」
緒方龍一(20)/橘慶太(20)/千葉涼平(21)
4年連続4回目
伊藤由奈(22)
「ENDLESS STORY」
初出場
m-flo
VERBAL(30)/☆Taku(31)
和田アキ子
(55)
「HEY!」
(m-flo…初出場
和田…20年連続29回目)
大塚愛(23)
「プラネタリウム」
2年連続2回目
氣志團
「One Night Carnival」

MC.Vo.G. 綾小路翔/Da.Sc. 早乙女光/G. 星★グランマニエ
/G. 白鳥松竹梅/B. 白鳥雪之丞/Dr. 西園寺瞳

2年連続2回目
川中美幸(50)
「二輪草」
8年連続18回目
北島三郎(69)
「風雪ながれ旅」
19年連続42回目
倉木麻衣(23)
「Love,Day After Tomorrow」
3年連続3回目
北山たけし(31)
「男の出船」
初出場
香西かおり(42)
「無言坂」
2年ぶり13回目
グループ魂
「君にジュースを買ってあげるv」
Vo.阿部サダヲ(35)/G.宮藤官九郎(35)/hp.村杉蝉之介(40)
/B.小園竜一/Dr.三宅弘城(37)/
G.富澤タク/MC.&Cho.皆川猿時(34)

初出場
倖田來未(23)
「倖田來未 スペシャルバージョン」
初出場
CHEMISTRY
「almost in love」
堂珍嘉邦(27)/
川畑要(26)

5年連続5回目
小林幸子(52)
「越後絶唱」
27年連続27回目
ゴスペラーズ
「ひとり」

村上てつや(34)/酒井雄二(33)/安岡優(31)/
北山陽一(31)/黒沢薫(34)

5年連続5回目
(松浦)ゴリエ(自称19)
「PecorivNight」
ゴリ(33)
初出場
コブクロ
「桜」

黒田俊介(28)/
小渕健太郎(28)

初出場
坂本冬美(39)
「ふたりの大漁節」
3年連続17回目
さだまさし(53)
「広島の空」
11年連続17回目
島谷ひとみ(25)
「亜麻色の髪の乙女」
4年連続4回目
スキマスイッチ
「全力少年」

P.常田真太郎(27)/
Vo.&G.大橋卓弥(27)

初出場
鈴木亜美(23)
「Delightful」
5年ぶり3回目
SMAP
「Triangle」
中居正広(33)/木村拓哉(33)/稲垣吾郎(32)
/草g剛(31)/香取慎吾(28)

2年ぶり13回目
天童よしみ(48)
「川の流れのように」
9年連続10回目
T.M. Revolution
「WHITE BREATH」

西川貴教(35)
7年ぶり3回目
DREAMS COME TRUE
「何度でも〜紅白スペシャルバージョン」
Vo.吉田美和(40)/
B.中村正人(48)

2年連続10回目
D-51
「NO MORE CRY」

上里優(22)/
吉田安英(23)

初出場
中島美嘉(22)
「雪の華」
4年連続4回目
Def Tech
「My Way」
Shen(シェン/24)/
Micro(マイクロ/25)

初出場
長山洋子(37)
「芭蕉布」
12年連続12回目
TOKIO
「明日を目指して!」

城島茂(35)/国分太一(31)/長瀬智也(27)
/松岡昌宏(28)/山口達也(33)

12年連続12回目
夏川りみ(33)
「涙そうそう」
4年連続4回目
鳥羽一郎(53)
11年連続18回目

山川豊(47)
2年ぶり11回目
「海の匂いのお母さん」
浜崎あゆみ(27)
「fairyland」
7年連続7回目
氷川きよし(28)
「面影の都」
6年連続6回目
一青窈(28)
「ハナミズキ」
3年連続3回目
布施明(57)
「少年よ」
2年連続21回目
平原綾香(21)
「明日」
2年連続2回目
細川たかし(54)
「北酒場」
31年連続31回目
藤 あや子(44)
「むらさき雨情」
14年連続14回目
ポルノグラフィティ
「ジョバイロ」
岡野昭仁(31)/
進藤晴一(31)

2年連続4回目
BoA
「抱きしめる」

權寶雅(Kwon Boa/19)
4年連続4回目
前川清(56)
「夜霧よ今夜も有難う」
15年連続15回目
(加えてクールファイブで11回出場)
松浦亜弥(19)
&DEF.DIVA
松浦…5年連続5回目 DEF…初出場
(安倍なつみ(24)…2年ぶり7回目
後藤真希(20)…6年連続6回目
石川梨華(20)…5年連続5回目)
モーニング娘。
吉澤ひとみ(20)/高橋愛(19)/小川麻琴(18)/紺野あさ美(18)
/新垣里沙(17)/藤本美貴(20)/亀井絵里(17)/
田中れいな(16)/道重さゆみ(16)久住小春(13)

8年連続8回目
「気がつけば好きすぎて♪盛り上がって♪
LOVEマシーン!」

美川憲一(59)
「愛の讃歌」
15年連続22回目
松任谷由実(51)
with Friends Of Love The Earth
「Smile again」
初出場
森進一(58)
「おふくろさん」
38年連続38回目
水森かおり(32)
「五能線」
3年連続3回目
森山直太朗(29)
「風花」
2年ぶり2回目
森山良子(57)
「さとうきび畑」
2年連続10回目
山崎まさよし(33)
「One more time, One more chance」
初出場
渡辺美里(39)
「My Revolution」
初出場
WaT
「僕のキモチ」

ウエンツ瑛士(20)/
小池徹平(19)

初出場

(掲載は五十音順、年齢は基本的に12/31のもの、一部新聞発表も含む)
注:ゴリエの曲とグループ魂の曲のvは、ハートの意。

管理人多忙につき、しばらくこの程度の掲載になることをお許し下さい。初出場者の詳しい解説などは、時間があれば追っていたします。

ゲスト審査員 8人決定(12/15)

なお、この後新たに追加で審査員が発表される予定です。
上川 隆也 (俳優)
栗原はるみ (料理家)
琴欧州勝紀 (新大関)
長澤まさみ (俳優)
野口 聡一 (宇宙飛行士)
林家 正蔵 (落語家)
森  光子 (俳優)
山田 洋次 (映画監督)


速報 紅白歌合戦の司会者決まる(12/8)
山本耕史(29)
仲間由紀恵(26)


NHKで先ほど発表されました。
山本耕史は、1976年10月31日、東京都新宿区出身。0歳から幼児用品などのモデルとして活躍(大人になっても、ベビーフェイスである)。テレビドラマでは、1993年CX系「ひとつ屋根の下」の柏木文也役がデビュー。
NHKでは、1999年より2年間、「新・真夜中の王国」のレギュラーパーソナリティーとなる。舞台でも活躍。2004年、大河ドラマ「新撰組!」の土方歳三役が好評を博し、2006年1月3日にNHKで続編が放送される(予定)ほどの人気。役者業だけでなく、バラエティやナレーションもこなす。最近は、NHK教育の「ETVワイド ともに生きる」(3時間番組)のナレーションを務めた。また、NHKBS2「世界ふれあい街歩き」のナレーションも務めている。

仲間由紀恵は、1979年10月30日、沖縄県浦添市出身。1994年、沖縄テレビのドラマオーディションでグランプリに輝きドラマデビュー。映画デビューは、1996年ともさかりえ主演の「友子の場合」で友子の友人役。一方、1996年には「MOONLIGHT to DAYBREAK」で歌手デビュー(小室ファミリーだった)。しかし、デビュー後数年間は、アイドルとしては地味な活動を過ごす。転機は、2000年映画「リング」で、山村貞子を演じてブレイクした。以降、ドラマでは「TRICK」(テレビ朝日系)、「ごくせん」(日本テレビ系)で主役を演じ、好評を博す。とくに2005年は「ごくせん第2期」の視聴率がすこぶる好調で、話題になった。
NHKがらみでは1997年ドラマ新銀河「しあわせ色写真館」で初主演、2000年に大河ドラマ「葵」、2003年には同「武蔵」に出演。2005年は放送80周年記念ドラマ「ハルとナツ」に米倉涼子と共に主演し、高視聴率をマーク。2006年度の大河ドラマ「功名が辻」では、主役である山内千代役を演じることが決定している。
また、2001年には、NHK「歌謡チャリティーコンサート」、2003年にはNHK「思い出のメロディー」の司会者に抜擢(ともに相手は宮本隆治アナウンサー)。経験も積んできた。今回の紅白の司会で、その真価が問われる。
 なお、歌手活動のほうは2001年ごろから休止しているが、2006年にはCMもしているauで「仲間由紀恵withダウンローズ」で歌手活動を再開する見通し。

ニュース(12/8)
紅白歌合戦の司会、第2陣は山本耕史と仲間由紀恵か
本日のニッカンスポーツ、デイリースポーツが報じています。第2陣の司会者発表は今日にも予定されているようです。
山本耕史
(29)は、平成16年度大河ドラマ「新撰組!」で土方歳三役を務めて好評を博しました。
また、仲間由紀恵(26)は、来年の大河ドラマ「巧名が辻」で主役を演じています。
この2人に決まれば、大河主役級ということでは、1990年の三田佳子(1986・いのち)と西田敏行(1990・飛ぶが如く他)以来の司会コンビとなります。

第56回NHK紅白歌合戦出場歌手発表!(12/1)
初出場は紅組7組白組9組

「WaT」(ウエンツ瑛士、小池徹平)はデビューからわずか30日での初出場を決めた(当時メジャーデビューしていた中では史上最速)。
紅組のチームリーダー的存在を長く務めていた
和田アキ子は、今年は白組として、m-floと共に出場。
EXILEは、公式ファンクラブのカウントダウンライブに出演するため辞退を申し入れた。(スポーツ報知より)
また、
平井堅もスケジュールの都合が合わず辞退。(スポーツ報知より)
松平健は落選した。(スポーツニッポンより)
橋幸夫、舟木一夫、郷ひろみらは落選。(夕刊フジより)
松田聖子はスケジュールの都合で辞退。(夕刊フジより)
宇多田ヒカル矢沢永吉、サザンオールスターズには出演を拒否された。(夕刊フジより)
中森明菜徳永英明は、体調を理由に出演決定とはならなかった(夕刊フジより)
なお、ラジオ実況は
藤崎弘士アナウンサー(2回目)と黒崎めぐみアナウンサー(初)に決まった。


「スキウタ」枠は歌手選考の段階からは容易に見えてきませんでした。組織票等々いろいろな問題があったのでしょうか。
私個人の感想を言わせてもらえば、やはり「スキウタ」はどうしても組織票や、特定の歌手に偏る傾向が見られてしまうので反対でした。しかし、選ばれた歌手を見るとそこまで「スキウタ」に寄った選考はされていないように思いますので、ひとまず安心です。
意外に演歌勢の落選は少ないようですが、今年のテーマからすると昔の曲か、別の「スキウタ」で選ばれた曲を歌わざるをえなくなるかもしれません。
結局、「スキウタ」は単なる話題づくりと交渉材料以外の何者でもなかったようです(夕刊フジより)。
結果的に「スキウタ」ははっきり言って愚策だったと思いますが、これにとらわれず、上位者をバッサリ切った人選をしたNHKは、考えられる中では最良の選択をしたといえるのではないでしょうか。


お知らせ

お問い合わせをしたい方のために、メールフォームを設置しました。しかし、ページ新設 依頼には、しばらくお答えできません。修正依頼や励ましの言葉は大歓迎です。なお、FNS歌謡祭につきましては、掲載予定はいまのところありません。ご了承ください。(11/1)

ニュース(11/17)

速報 紅白歌合戦の司会者決まる
みのもんた(61)
山根基世アナウンサー(57)


NHKで先ほど発表されました。
あるサイトでは、みのもんたが白組、山根アナウンサーが紅組と書かれていますが、公式サイトによりますと、幅広い年齢構成を持った司会グループを構成するとのことですので、とくに白組司会、紅組司会と分けることなく、番組が進行していくということのようです。

みのもんた氏は、立教大学卒。徳光和夫、土居まさるの後輩。文化放送アナウンサーを経て、退職後父親の会社で働いていたが、FNS系「プロ野球ニュース」土・日担当でフリーアナウンサーとして復帰。その後「プロ野球珍プレー好プレー大賞」「おもいっきりテレビ」「クイズ!ミリオネア」などで好評を博し、現在では彼の姿をテレビで見ない時間の方が少ないのではないかというくらいの超売れっ子。TBS「みのもんたの朝ズバッ!」NTV「おもいっきりテレビ」と2本のワイド帯番組を担当するのは現在彼だけ。

山根基世アナウンサーは昭和46年NHKに入局。東京アナウンス室→大阪放送局→東京アナウンス室勤務。2005年6月6日付けで東京アナウンス室長に。現在は「新日曜美術館」を担当する。
1983年の紅白歌合戦で、審査員席リポーターを担当している。


第56回NHK紅白歌合戦の紅組司会に仲間由紀恵が有力
スポーツニッポンでは、内定との記事も出ています。

報知 スポニチ サンスポ ニッカン
白組 中居正広
草ナギ剛
香取慎吾
のいずれかが有力
局アナを含めて
検討中
中居正広の名前が
取りざたされている
中居正広が最有力
紅組 仲間由紀恵が有力 仲間由紀恵で内定 仲間由紀恵の名前が
取りざたされている
仲間由紀恵が最有力

また、ユーミンこと松任谷由実の出場が内定したとニッカンスポーツ、サンケイスポーツでは報じられています。

第55回NHK紅白歌合戦詳細 3/3改訂
改訂しました。歌詞、歌手の事務所等にリンクを張りました。

第46回日本レコード大賞 結果

第37回日本有線大賞結果
ついでに第36回日本有線大賞も再度あげました。

復活新連載!紅白歌合戦司会者考 2004.2/24加筆

白組編 第1回 第2回 第3回 第4回 本邦初!紅白歌合戦白組司会者の評価を点数化して掲載!
組編 第5回 第6回 第7回

Entertainment NEWS
<新刊>怪物番組紅白歌合戦の真実 合田道人/幻冬舎

探している商品をズバケンで検索!! 
「紅白」で検索すると、紅白歌合戦で歌われた曲のCDが表示されます!